ニキビ跡

Medical

ニキビ跡|立川皮膚科クリニック|ニキビ、シミ、赤ら顔の治療|美容皮膚科

ニキビ跡とは

ニキビ跡

ニキビ跡とは、ニキビが治った後でも赤みや色素沈着、凹凸(クレーター)、ケロイドなどが残っている状態のことです。
人間の肌は表面に近い組織から表皮、真皮、皮下組織に分かれています。肌のバリア機能が低下した状態で炎症が続くと、細菌がみるみるうちに繁殖し、真皮層や皮下組織にまで修復が難しいダメージを与えてしまうことがあり、こうなるとニキビが治ったとしても、お肌に跡となって残ってしまいます。

原因

ニキビの初期段階である白ニキビや、酸化した皮脂による黒ニキビなど炎症のないニキビであれば、治った後にニキビ跡にはなりません。
しかし、何度も繰り返すなど炎症が起きた赤ニキビなどの場合、皮膚の深い部分にまで炎症が広がっているため、ニキビが治った後でも、赤くなる、茶色っぽくなる、凹凸(クレーター)、ケロイドなどといった症状が残ることがあります。
このように、できてしまったニキビのケアを十分に行わず、放置しているとニキビ跡になるリスクが高くなります。

こんなお悩みありませんか?

  • ニキビ肌で赤みが目立つ
  • ニキビの跡でシミのようなものがあり取りたい
  • ニキビ跡のクレーターを改善したい
  • ニキビ跡の部分にしこりのようなものができ、ボコボコしている
  • ニキビができる前のキレイな肌に近づけたい

ニキビ跡の種類

赤み

赤み

赤ニキビが長時間続くとニキビ自体が治っても肌内部で炎症が続き、跡として残ります。
ニキビの炎症を抑えるために毛細血管が患部に集中し、うっ血していることが原因で肌が赤く見えてしまいます。(炎症後紅斑)赤いニキビ跡は数か月程度で自然に治ることがほとんどですが、紫外線や刺激によって色素沈着ニキビ跡になることもあります。赤いニキビ跡には紫外線対策の徹底や、刺激を与えないことが大切です。

色素沈着 (褐色や紫色)

色素沈着 (褐色や紫色)

褐色のニキビ跡は、ニキビの炎症から皮膚を守るためにメラニン細胞からメラニンが大量に作り出され、それが色素沈着を起こすことが原因です。
また、紫色のニキビ跡は、ヘモグロビンによるもので、ニキビの炎症が皮膚表面(表皮)よりも奥にある真皮にまで達し、そこの毛細血管が破れてしまうことが原因です。
破れた毛細血管から染み出したヘモグロビンが、紫色の色素沈着になります。
さらにメラニン色素を沈着させないために、紫外線対策の徹底や、刺激を与えないことが大切です。

凹凸(クレーター)

凹凸(クレーター)

ニキビを治療しないで「赤ニキビ」や「黄ニキビ」にまで進行すると、アクネ菌が皮膚の深い層である真皮層にダメージを与えることがあります。その炎症を繰りかえすことで毛穴の構造自体が変わってしまい、皮膚が凸凹とした状態をクレーターと言います。自然には回復が難しく、治療には時間がかかります。

クレータータイプの種類

  • ローリング型:直径が4~5mm以上で、緩やかで深いへこみができるもの
  • ボックス型:垂直に陥没し、クレーターの底が平らなもの
  • アイスピック型:アイスピックのように細く、小さな穴のようなへこみができるもの
しこり状のケロイド

しこり状のケロイド

ニキビによって深部まで傷ついた皮膚を修復するために、真皮にある線維芽細胞が過剰に細胞を作り出すと、肥厚性瘢痕やケロイドができ、しこり状の盛り上がったニキビ跡になることがあります。
ケロイドの原因はまだ十分に明らかにされていませんが、体質的な要素と傷の影響が考えられます。
ニキビが深部の皮膚にまで影響する前に治療をすることが大切です。

保険適用・自費について

ニキビ跡は疾患ではないため、保険治療が行えません。美容治療という扱いになり、自費治療となります。

塗り薬

ゼビアックスローション、ゼビアックス油性区クリーム

抗菌薬が含まれているため、赤ニキビに効果的

ダラシンTゲル

ブドウ球菌やアクネ菌などに対して有効で、主に赤ニキビや化膿している黄ニキビに効果的

アクアチム軟膏(ナジフロキサシンクリーム)

細菌の増殖を抑制するため高い抗菌効果があり、炎症性赤ニキビに効果的

ニゾラール(ケトコナゾール外用液)

抗真菌(カビ)作用のある外用薬、マラセチア菌を原因とする体ニキビに効果的

ディフェリンゲル

皮膚の剥離作用がある外用薬。白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなど、全般的に効果的

デュアック配合ゲル

ダラシンとベピオゲルの成分を配合した外用薬、炎症性の赤ニキビに効果的

ベピオゲル

酸化作用・剥離作用がある外用薬。ニキビ全般に効果的

イオウ・カンフルローション

角質軟化作用、抗菌作用のある外用薬、昔から使われているニキビ治療薬

エピデュオゲル

ベピオゲルとディフェリンの成分を配合した外用薬

飲み薬

ビタミン剤…皮脂のコントロールや肌荒れ改善に、補助療法として処方

ピリドキサールリン酸エステル錠、リボフラビン酪酸エステル錠、ビフロキシン配合錠など

抗生物質…赤ニキビ、黄ニキビなどの炎症を抑え、治りを早める。

フラジール内服錠、ファロム錠、ミノマイシン錠、ミノマイシンカプセル、クラリス錠、ロキシスロマイシン錠、ビブラマイシン錠、クラビット錠など

ステロイド(ケナコルト注射)

ケロイドになってしまった部分の固さや盛り上がりを改善させる

自費診療

ニキビの症状に合わせ、レーザー治療の他に、溶剤・ピーリングなどによる治療方法、ホームケアよる治療方法があります。

ニキビ跡 ニキビ跡赤み 色素沈着 ニキビ跡凹凸 しこり・ケロイド
Vビーム
ダーマペン
ウーバーピール
エコツー(eCO2)
スマートサイドドット
リサーフィックス+

角栓除去
ピコフラクショナル
スカーレットS
シルファームX
スムースビーム
ケナコルト注射
リジュラン
イオン導入
VCローション
VCEローション
TAローション
ハイドロキノン
レチノイン酸

レーザー治療

溶剤・ピーリングなどによる治療方法

自家製剤・サプリや内服・外用による治療方法

ビタミンC高配合ローション
シミ、ニキビの炎症を落ち着かせる効果があります。

浸透型ビタミンC+ビタミンEを贅沢に配合したローション
ヒアルロン酸配合のため、VCローションより保湿力が高く、化粧水としてもお使い頂けます。炎症後の色素沈着、ニキビ痕、抗酸化作用、美白の効果があります。

トラネキサム酸を高配合したローション
メラニンを作り出すメラノサイトに働きかけ、肝斑、色素沈着を改善する効果があります。
抗炎症作用もあり、日頃の肝斑予防にも効果があります。

メラニン色素の発生を抑え、
シミやニキビ跡の色素沈着を改善します。

ビタミンA誘導体ジェル
ニキビ跡の色素沈着、クレーター、毛穴、黒ずみ、コメド、しみ、しわに効果的、皮膚の再生を促します。