老人性いぼ・ほくろ

Medical

老人性いぼ・ほくろ|立川皮膚科クリニック|ニキビ、シミ、赤ら顔の治療|美容皮膚科

老人性いぼ(脂漏性角化症)・ホクロとは

老人性いぼ(脂漏性角化症)

老人性いぼ(脂漏性角化症)

老人性いぼは、皮膚の良性腫瘍です。皮膚の老化現象のひとつで、80歳以上の高齢になるとほぼ全ての人に認められます。早ければ20代から出現し、徐々に大きくなり数も増える傾向があります。老人性いぼは年令とともに増えていきますので、加齢は原因の一つです。遺伝や体質もあり、できやすい方とできにくい方がいます。

ホクロ

ホクロ

ホクロとは良性の皮膚の腫瘍の一種で、母斑細胞母斑、あるいは色素細胞母斑と呼ばれます。
生まれたときにすでに生じているものもあれば、成長する途中で新たにできてくるものもあります。
腫瘍の仲間で良性と悪性があります。

こんなお悩みありませんか?

  • 首に今までなかったいぼができた
  • いぼが突起してきて、さわると気になる
  • 大きいホクロを取りたい
  • ホクロがたくさんあって取りたい
  • ホクロの形がかわってきた
  • 悪性のものかどうか気になる

保険適用・自費について

老人性いぼ・ホクロ除去には、保険が適用されるものと、自費での治療の2種類があります。
保険診療では3割負担ですが、自費診療に関しては10割分すべてが自己負担になります。

保険診療

※下記の治療は保険適応です。

切除手術

大きなホクロや深いホクロ、かゆみを伴ういぼや、悪性になる可能性のあるホクロは、オペ手術での切除をおすすめしています。
必要に応じて、組織検査も行います。

ホクロ

局所麻酔をして行う手術です。通常、先の丸いメスでホクロをくり抜く「くり抜き法」で行います、(最大8mmまで可能)傷になるような無理な縫合はせず、軟膏を塗布し自然に傷が治るのを待ちます。
大きいホクロはメスで切り取り縫合する「切除縫合法」で行います。10~14日後に抜糸を行い、傷がなじむよう、テープ保護を継続します。

老人性いぼ

局所麻酔をして行う手術です。イボをメスや医療用のハサミを使い、切除します。表面のいぼのみ切除するため、擦り傷のように、皮膚表面が傷になりますが、自然にかさぶたになるのを待ちます。

自費診療

症状に合わせ、レーザー治療による治療方法があります。

老人性いぼ・ホクロ除去 老人性いぼ ホクロもりあがり有 ホクロもり上がり無 ホクロ大きく深い ホクロ悪性腫瘍疑い
コア(CO2RE)
ルビーレーザー
ピコレーザー

レーザー治療

当院の施術保障について

ホクロ(CORE+ルビーレーザー治療)のみ対象となります。
万が一、同一箇所に再発が見られた場合、もしくは一度の照射に取り切れなかった場合は、5年以内であればレーザー処置代金は初回の三分の一の価格です。(診察料+麻酔代は別途頂戴します)

再発の場合

  • ピコレーザーで再照射する場合は、ドクター判断で一度終了となった場合は通常の金額がかかります。2回目以降の再照射はかかりません。
  • その他のレーザーにて再照射する場合は、保証制度の通りです。