レーザートーニング

Medical

レーザートーニング|立川皮膚科クリニック|ニキビ、シミ、赤ら顔の治療|美容皮膚科

レーザートーニングとは

レーザートーニング

レーザートーニングは、肝斑やしみの除去に効果的です。
従来のレーザー治療ではメラニンの生成を促してしまい逆効果とされていましたが、肝斑に繋がるような刺激を避け、肝斑治療を可能にしたのが、メドライトC6を用いた、レーザートーニングです。

弱いパワーでレーザーを均等に照射し、しみの原因であるメラニンを少しずつ壊していくことで、しみや肝斑を効果的に改善していきます。

肝斑だけでなく、シミやくすみなどの色ムラも改善し、明るく透き通るような肌へと導きます。

料金

レーザートーニング

色素沈着

(肘 膝 脇など)

¥11,000
全顔 ¥17,600

※税込表記になります

※場合によっては、薬代が別途必要になります。

特徴と効果

回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。
肝斑はもちろん、それ以外の、シミ、そばかす、ニキビ跡などによる色素沈着、くすみ、開いた毛穴等にも効果を発揮し、治療回数を重ねる度に、ハリのあるキメが整った透明感のある肌へと導きます。
肌に炎症を起こさないよう、弱いパワーでレーザーを照射するので安心です。
かさぶたや腫れの心配もありません。

特徴と効果

―肝斑にレーザー治療は不向きなのに、レーザートーニングが効果的なのはなぜ?
肝斑はホルモンバランスの崩れなどの原因によって、その結果メラニンをどんどん作り出す「炎症性の色素沈着」を起こしている状態といわれています。
そのため、炎症を起こさせないぐらいの弱いパワーでレーザーを照射して、少しずつメラニンを壊していくことができるレーザートーニングを用いることで、安全で確実な肝斑治療が可能となります。

副作用やリスク

  • 施術直後の日焼けによるシミや肝斑の悪化
  • 赤み
  • 乾燥
  • 白ニキビ(初回のみ起こりやすい)
  • 色素脱失

このようなお悩みをお持ちの方にオススメ

  • 肝斑が気になる
  • しみを改善したい
  • 人に気づかれずに治療したい
  • お肌のくすみが気になる
  • 炎症後色素沈着(時間が経ったもの)を取りたい
  • 毛穴の開きが気になる方

施術について

施術時間 30分 シャワー 当日可能
麻酔 なし 洗顔 当日可能
術後の腫れ なし メイク 当日可能
治療回数(推奨) 5回~7回 治療を受けられない人
ダウンタイム なし
治療間隔 2~4週間に1回
カウンセリング当日の治療 状況により可能
※治療を受けられない人
  • 金製剤の使用歴がある方
  • 光感受性の強い方
  • 前癌病変、悪性腫瘍、またはその疑いのある方
  • 出血性疾患を有する方
  • 金の糸を入れている部位
  • 肌色/白色の刺青を入れている部位
  • 妊娠中の方

施術の流れ

施術の流れをご紹介します。

STEP.1カウンセリング
お肌のお悩みを聞いて、最適な施術、治療法をアドバイスします。
STEP.2医師による診断
医師による診断を受け、ご希望や症状にあった治療方法を決定します。
STEP.3クレンジング
パウダールームでクレンジングと洗顔を行っていただきます。
クレンジングや洗顔料は当クリニックでもご用意しています。
STEP.4施術
処置前にアイスローラーで冷却をして頂きます。
目元にゴーグルをし、お顔全体を照射していきます。照射後、冷却タオルで沈静していきます。
STEP.5仕上げ
ご自身の基礎化粧品をご使用になりたい場合はスタッフにご相談ください。
終了後は基本的にメイク可能です。

症例

治療前

治療後

施術メニュー名
レーザートーニング
患者様のご状況
学術参考資料(海外)となります。
施術の説明
肝斑がうすくなり、トーンアップした印象に。
施術の副作用
痛み、湿疹、炎症後色素沈着、色脱、白ニキビ
施術の費用
全顔 ¥17,600
治療期間・通院回数
7回

治療前

治療後

施術メニュー名
レーザートーニング
患者様のご状況
学術参考資料(海外)となります。
施術の説明
肝斑がうすくなり、トーンアップした印象に。
施術の副作用
痛み、湿疹、炎症後色素沈着、色脱、白ニキビ
施術の費用
全顔 ¥17,600
治療期間・通院回数
7回

よくあるご質問

治療後に気をつけることはありますか?

日焼けや摩擦による刺激は肝斑が再発する可能性がありますので、注意してください。
日焼け止めを必ず塗るようにおすすめしています。

痛みはありますか?

施術時にパチパチとゴムで弾かれたような感覚はありますが、施術後も残るような痛みはありません。

施術を受ける方へのメッセージ

ドクター

ドクター

レーザートーニングは、表皮層・真皮層だけでなく肌深層にあるメラニン色素も除去してくれます。

肝斑治療として、長年愛されている治療ですが、他の効果も多く継続して、美肌を保っている患者様も多くいらっしゃいます。

スタッフ

スタッフ

当院の肝斑治療と言えば、レーザートーニングです!

低出力のレーザーをお肌全体にあてていきます。肝斑にはもちろん、顔全体の透明感も出てきます。
赤み、ひりつきが少し出ますが、当日よりメイクもして頂いて大丈夫です。
2週間に一度、継続的に受けて頂くことで、効果が実感できます。

患者様より

患者様より

シミを診察してもらったところ、肝斑だとわかりました。

肝斑を悪化させてしまう治療も世の中にはたくさんあるので、最初に先生に診断してもらえて良かったです。1回の施術で劇的な変化はないものの、継続していると、肝斑やうすいシミがうすくなり、素肌に自信がもてるようになってきました。継続していくつもりです。(40代 女性)