シルファームX

Medical

シルファームX|立川皮膚科クリニック|ニキビ、シミ、赤ら顔の治療|美容皮膚科

シルファームXとは

シルファーム

フラクショナルマイクロニードルRF(高周波)治療です。
細い針でRF(高周波)を照射し、表皮と真皮に熱刺激を与え、熱凝固を起こさせます。 熱凝固はタンパク質が固まる現象で、生じさせることによりコラーゲン・エラスチンなどの生成を促して細胞の再生を引き起こし、表皮のターンオーバー促進と入れ替え、真皮の引き締めと入れ替えが可能です。

シルファーム

料金

シルファームX 肝斑(肝斑部分のみ) ¥22,000
赤ら顔 全顔 ¥29,700
両頬 ¥27,500

※税込表記になります

特徴と効果

肝斑(かんぱん)や、赤ら顔治療におすすめ

肝斑(かんぱん)

肝斑病変部では、基底膜が薄くもろくなっていることが多いため、熱凝固させ基底膜を修復します。その結果、メラニン色素が深部へ沈着しやすくなっている状態を解消することを促します。肝斑の根本治療を目指す新たな治療法で、トーニングと組み合わせして行うことで、肝斑の治療により効果的です。

肝斑(かんぱん)

赤ら顔

赤ら顔では、異常に開いてしまった毛細血管を熱凝固させることで、毛細血管の新生をおさえ、毛細血管の減少を促します。

赤ら顔

肌のハリや弾力

真皮の成分を作り出すための線維芽細胞が老化しているところに熱凝固をさせることで、老化した細胞の減少を促します。老化細胞が、炎症物質を大量に出すことで、周囲の細胞に悪影響を及ぼすと言われていますが、シルファームXはお肌の基底膜周囲の老化細胞を減少させることができる治療です。

シルファームXの特徴としては、基底膜と異常に開いた毛細血管に対してのみ、主に作用するというところです。まさに肝斑や赤ら顔の治療のために作られた治療になります。

副作用やリスク

  • 疼痛
  • 発赤
  • 火傷
  • 色素沈着
  • 白斑
  • 肝斑増悪
  • 一過性の白ニキビ

このようなお悩みをお持ちの方にオススメ

  • 肝斑を消したい
  • 赤ら顔が気になる
  • ハリや弾力がほしい
  • 肝斑治療でトーニング以外の治療をしたい

施術について

施術時間 30分 シャワー 当日可能
麻酔 あり(なしでも可) 洗顔 翌日以降を推奨
術後の腫れ ほぼなし メイク 翌日以降
治療回数(推奨) 5、6回 治療を受けられない人
ダウンタイム 3〜5時間
治療間隔 2~4週間
カウンセリング当日の治療 状況により可能
※治療を受けられない人
  • 皮膚がん、その他のがん疾患、前がん性いぼ、またはがん治療を受けている現在または過去の病歴がある
  • 中等度から重度の慢性疾患(心臓病、てんかん、糖尿病など)がある
  • 出血性障害、止血機能障害、または抗凝固薬を服用している
  • 免疫障害(HIVなど)または免疫抑制療法を受けている
  • 植込み型医療機器(ペースメーカーや除細動器など)を使用している
  • 中等度から重度の慢性皮膚疾患(乾癬、湿疹など)、強皮症である
  • 治療部位での感染または開放創
  • 極度のケロイド傾向
  • 金の糸リフト施術を受けた
  • 妊娠、授乳中
  • シリコンアレルギーを持っている方

施術の流れ

施術の流れをご紹介します

STEP.1カウンセリング
お肌のお悩みを聞いて、最適な施術、治療法をアドバイスします。
STEP.2医師による診断
医師による診断を受け、ご希望や症状にあった治療方法を決定します。
STEP.3クレンジング
パウダールームでクレンジングと洗顔を行っていただきます。
クレンジングや洗顔料は当クリニックでもご用意しています。
STEP.4施術
STEP.5仕上げ
保湿をしていただきます。
その後、洗顔やメイクはせずにお帰りいただきます。

症例

治療前

治療後

肝斑

施術名
シルファームX
患者様のご状況
肝斑と赤みが目立つのがお悩みでした。
施術の説明
肝斑の境目が薄くなり、肝斑下の異常毛細血管が改善したため、赤みが軽減されています。
施術の副作用
発赤、火傷、色素沈着、ひりつき
施術の費用
肝斑(肝斑部分のみ)¥22,000
治療期間・通院回数
2~3週間に1回(5回通院)

治療前

治療後

施術名
シルファームX
患者様のご状況
赤ら顔にお悩みでした。
施術の説明
毛細血管が改善したため、赤みが軽減されています。
施術の副作用
発赤、火傷、色素沈着、ひりつき
施術の費用
赤ら顔 前顔 ¥29,700
治療期間・通院回数
2~3週間に1回(5回通院)

よくあるご質問

針を刺したあとは残りますか?

とても細い針なので、直後でもほぼわかりません。穴の部分は回復していくため、跡にはなりません。

メイクはいつからできますか?

お顔に穴(傷)があるため、メイクは翌日からにして頂くことをおすすめしております。

施術を受ける方へのメッセージ

ドクター

ドクター

日本人の肌は表皮が弱く真皮が強いと言われていますが、ニードルを用いた治療は、表皮にダメ―ジが残らないので、おすすめの治療方法です。

肝斑治療でお悩みの方は多く、治療法も限られているため、少しでも肝斑によるお悩みを改善したいと思っています。

スタッフ

スタッフ

肝斑、赤ら顔に効果的です。今まで肝斑にはレーザートーニング、赤ら顔にはVビーム、くらいしか治療法がありませんでしたが、新たな治療として、選択肢が増え、患者様から嬉しい声を頂きます。

回数を重ねていく必要はありますが、レーザーと違い、麻酔により痛みがほぼなく、皮膚の下の根本治療が可能です。

患者様より

患者様より

肝斑が産後から、濃く出てきてしまいファンデーションでいつもかくしていました。トーニング治療と組み合わせることでさらに効果があるとのことなので、今回治療を受け始めました。

まだ綺麗になった訳ではありませんが、色味が薄くなり、顔が明るくなったと実感しています。 (30代 女性)