たるみ

Medical

たるみ|立川皮膚科クリニック|ニキビ、シミ、赤ら顔の治療|美容皮膚科

たるみとは

たるみ

「これさえなければ…」とつぶやきながら、“刻まれた年齢”を指でピンッと張ってみる。そんな経験はありませんか?

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層からできていて、その下に脂肪組織と筋肉があります。
肌の弾力の源となっている真皮には、コラーゲンやエラスチンといったタンパク質でできた繊維があり、その間にヒアルロン酸などの高分子系保水成分が存在し、皮膚の弾力を保っています。

たるみ

そして、加齢に伴いそれらの真皮成分を生み出す繊維芽細胞が減少し、肌に弾力がなくなり、たるみができるのです。また、皮膚のたるみはシワの原因にもなるため、シワを改善するためにはたるみを予防し、弾力のある肌を維持することが重要になります。

特にフェイスラインや目元周りが弛んでくると見た目の印象は大きく変わってきます。

「年だから仕方ない」とあきらめてしまうと、確実にたるみは進行していくでしょう。
今できる努力をして、しっかりケアしてあげることで、たるみは改善され進行を緩やかにすることができます。

当院では、患者様が皮膚のたるみでお悩みの場合、体内に異物を入れて吊り上げるという方法は取っておりません。レーザー・高周波・光・赤外線治療などの肌に負担のない方法で、若々しさを保つよう治療を行います。また、ヒアルロン酸注入やボトックス注入、小顔注射なども必要に応じて行います。

原因

①皮膚の弾力の低下

弾力を司る弾力繊維(エラスチン)や皮膚の厚みの大部分を占める膠原繊維(コラーゲン)が外的要因(乾燥、紫外線、ストレス)や生活習慣(喫煙、睡眠不足、栄養不足)、加齢が原因で減少していきます。

②皮下脂肪の増加

皮下脂肪には、保温や生命を維持するためのエネルギーを貯蔵する役割があります。しかし、加齢と共に代謝機能が衰えることで皮下脂肪は増加し、増えた皮下脂肪を支えられず、重力によってたるみが生じます。

③表情筋の衰え

顔の表情筋は直接皮膚についているため、加齢に伴い顔の筋肉が衰え、表情筋の上にある皮膚や皮下脂肪を支えられずシワやたるみが生じます。

こんなお悩みありませんか?

  • ほうれい線が気になる
  • まぶたが重く感じる、眉毛が下がってきたように感じる
  • 目の下のたるみが気になる
  • 肌のたるみのせいで毛穴が目立つようになってきた
  • 口の周りがしぼんでみえる
  • 疲れている?と聞かれたり、老けて見られるようになった
  • フェイスラインがぼやけて太って見える
  • 首のたるみが気になる
  • 化粧ノリが悪い

保険適用・自費について

たるみは、自費治療になります。
自費診療に関しては10割分すべてが自己負担になります。

自費診療

たるみの症状に合わせ、レーザー治療の他に、溶剤・ピーリングなどによる治療方法、自家製剤、サプリや内服・外用薬による治療方法があります。

たるみ ほうれい線 まぶたのたるみ 目の下のたるみ 目の下のクマ あご下のたるみ 二重あご(脂肪) フェイスライン 毛穴 小顔 ハリ キメ しわ 引き締め
サーマクール
ハイフHIFU
スカーレットS
マドンナリフト
スマイル(アイ)リフト
ウルトラアクセント
Vシェイプ
テノール
ダーマペン
マッサージピール
ヒアルロン酸注入
ボトックス注射
脂肪溶解注射BNLS

レーザー治療

溶剤・ピーリングなどによる治療方法