レチノールピール

Medical

レチノールピール|立川皮膚科クリニック|ニキビ、シミ、赤ら顔の治療|美容皮膚科

レチノールピールとは

レチノールピール

レチノールピールはmedi+derma社製(スペイン)のアンチエイジングピーリングです。
これまでのピーリングをはるかに超える、アンチエイジング効果が最も高いと言われるピーリングです。
レチノイン酸は、長年しわやニキビの治療医薬品として使用されてきましたが、刺激が強く、肌トラブルを起こすことも多いため使用を断念される方も多くいます。
レチノールピールは、肌への刺激の強いレチノイン酸の前段階の物質である「レチノール誘導体」をナノカプセル(リポソーム)化しています。そのため従来よりも赤みや刺激、痛みなどが抑えられ、肌トラブルを回避しながら安全に効果を引き出すことが可能になりました。
レチナール(即時効果)、レチノール(持続効果)、レチニール(遅延型効果)の3種類をそれぞれバランスよく配合さていることで、肌にレチノイドの効果を継続的にもたらします。亜鉛とヒアルロン酸の成分が配合されており、レチノールとの相乗効果により細胞が新たなヒアルロン酸の生成を促します。

※レチノールとは、ビタミンA誘導体の一種です。
皮膚の粘膜などに作用する物質で、肌のヒアルロン酸を増やすことでハリや潤いをもたらし、ターンオーバーを正常化してキメを整える働きがあります。

料金

全顔初回トライアル ¥11,000
全顔1回 ¥16,500
全顔5回コース ¥71,500

※税込表記になります

特徴と効果

コラーゲン産生

レチノイドが繊維芽細胞の増殖を促し、コラーゲン産生を活性化させ、小じわ、ハリを改善します。

しみを改善

リポソームがしみに直接作用し、刺激を受けているメラノサイトの活動を調節します。

皮脂の抑制

毛包、皮脂腺に浸透し皮脂をコントロール・抑制するため、脂性肌・ニキビを改善します。

乾燥・赤み・くすみの減少みを改善

リポソームを構成する脂質により角質層が回復。バリア機能が改善し、乾燥・赤み・くすみを減少させます。

副作用やリスク

赤み、皮むけ、ヒリヒリ感などがある場合があります。

このようなお悩みをお持ちの方にオススメ

  • 小じわが気になる
  • 乾燥やくすみを改善したい
  • ニキビ肌を改善したい
  • シミをうすくしたい

施術について

施術時間 30分程度 シャワー 翌日より可能
麻酔 なし 洗顔 翌日より可能
術後の腫れ なし メイク 翌日より可能
治療回数(推奨) 5回 治療を受けられない人
ダウンタイム ほぼなし
治療間隔 1ヵ月に1回
カウンセリング当日の治療 状況により可能
※治療を受けられない人
  • 妊娠中、授乳中の方
  • 施術部位に重篤な皮膚疾患および感染症がある方
  • 出血性疾患を発症している方
  • 糖尿病の方
  • レチノイン酸に対して過敏症のある方
  • アトピー性皮膚炎の方
  • 皮膚に炎症や傷がある方
  • アレルギー体質の方
  • 肌の調子が悪い方
  • 治療部位に真菌性疾患、ヘルペス等ある方
  • 強い日焼け後、もしくはこれから日焼けする予定のある方

施術の流れ

施術の流れをご紹介します。

STEP.1カウンセリング
お肌のお悩みを聞いて、最適な施術、治療法をアドバイスします。
STEP.2医師による診断
医師による診断を受け、ご希望や症状にあった治療方法を決定します。
STEP.3クレンジング
パウダールームでクレンジングと洗顔を行っていただきます。
クレンジングや洗顔料は当クリニックでもご用意しています。
STEP.4施術
STEP.5仕上げ
そのまま帰宅して頂き、4~6時間後に水で洗い流していただきます。
※施術後はしっかり保湿を行い、日焼け止めを使用してください。

よくあるご質問

ピーリング後、メイクはできますか?

施術後、4~6時間後までは、メイクはお控えください。

痛みはありますか?

ほとんどの方はありません。

施術後の状態や副作用は何かありますか?

2~10日の乾燥、皮むけ、ヒリヒリ感があります。無理にはがさないようにしてください。

施術を受ける方へのメッセージ

ドクター

ドクター

現在、ブームのレチノール。痛みがなくレチノールを用いたものにしては、皮むけが少なく、効果が得られる施術なのでおすすめです。

スタッフ

スタッフ

少しの時間で肌改善ができるので、大好きな施術です。
皮むけは少しありますが、むけた後のトーンアップとツルツル感はやみつきになるほどです。

患者様より

患者様より

ゼオスキンも興味があり考えていましたが、皮むけの期間が少なくレチノールの効果があると聞き、こちらを試しています。顔が明るくトーンアップしたように感じます。続けていきたい。(40代 女性)